医療物資ご寄付のお礼
病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
JCHO神戸
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医 休診のお知らせ
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

麻酔科

概要 担当医プロフィール

新型コロナウイルス感染症の当院における対処について

 日本麻酔科学会では、手術適応に関しては、「日本外科学会の提言を参照し検討する」との記載にとどまっています。従って、各学会の方針に従う形になります。手術室では、「発熱や感冒症状を有する患者」の手術制限を行っているのみで、新型コロナウイルス感染患者を積極的に把握して、除外する方法はとっていません。また、通常の標準予防策以上の感染対策も行っていません。

概要

 年間約1100例の全身麻酔症例を3人の麻酔科医でこなしています。 硬膜外麻酔をはじめとして、各種神経ブロックを積極的に行うなど、術後疼痛管理に特に力を入れています。
 全身麻酔は、プロポフォールを用いた完全静脈麻酔が半数以上をしめます。従来の吸入麻酔を行う場合でも、原則として底流量麻酔を行うようにし、微力ながら地球環境を汚染せぬよう心がけています。
地球温暖化ガスの一つである亜酸化窒素分解処理装置を世界に先がけて開発し、2002年より稼働しています。
パルスオキシメーターやカプノグラムは勿論のこと、吸入酸素及び麻酔薬濃度モニター・麻酔薬深度モニターを完備しています。 手術室内への無線LAN導入により、コンピューターによる麻酔薬血中濃度解析等が可能になります。 初期研修、後期研修のほか、他科研修医の短期研修システムを用意しています。
麻酔科 麻酔科
オペ室全体を一括管理可能なシステムを導入。全8室をモニター管理できます。

麻酔科 麻酔科
朝のミーティング風景。本日の担当症例について共有します。

手術症例数(2020年度)

手術室利用の症例数・・・1681例(うち全身麻酔1082例)
≪内訳≫
 外科     …約23%
 整形外科   …約12%
 耳鼻いんこう科…約 8% 
 脳神経外科  …約 8%
 歯科口腔外科 …約 6%

ページの先頭へ

担当医プロフィール

部長

藤本 俊一
札幌医科大学 平成19年卒業

◎資格及び専門分野
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
手術麻酔・集中治療

医員

向井 信弘
京都府立医科大学 平成21年卒業
◎資格及び専門分野
日本麻酔科学会専門医

医師

平田 誉
京都府立医科大学 昭和58年卒業

◎資格及び専門分野
日本麻酔科科学会専門医・指導医
日本救急医学会専門医
京都府立医科大学臨床教授
麻酔科全般

河合 建
神戸大学 平成2年卒業

髙橋 麻由


前のページに戻る




セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部薬剤部
健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop