医療物資ご寄付のお礼
病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
JCHO神戸
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医 休診のお知らせ
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
医療安全
感染管理
個人情報
認定施設

腎臓内科・透析 概要

JCHO神戸
JCHO神戸JCHO神戸JCHO神戸JCHO神戸JCHO神戸JCHO神戸JCHO神戸

概要
 腎疾患の原因は自己免疫性疾患である糸球体腎炎と生活習慣病から進展してくる糖尿病性腎症や高血圧性腎硬化症に大きく分けられます。しかし、実臨床で両者を区別することは難しく、腎生検が必要になってきます。近年ではエコーガイド下で安全に腎生検が出来るようになり、免疫抑制薬も発達してきたこともあり、腎炎による透析導入は減少傾向となっています。神戸市北区で腎生検が出来る施設は当院だけであることから、積極的に腎生検を行い、自らも病理診断を行い、治療する方針と致しておりますので、些細な検尿異常でも当科へご相談ください。
 また、急性心不全や敗血症による急性腎不全に対してはICUで急性血液浄化や人工呼吸を含め集中治療も腎臓内科医で行っております。


JCHO神戸JCHO神戸JCHO神戸

近隣のクリニック及び病院の先生方へ 
検尿異常、腎機能障害での紹介基準は下記になります。(気軽にご相談ください。)
① 尿蛋白  1+ 以上(尿潜血のみでの紹介でもOKです。)
② eGFR   30 mL/min/1.73m2以下(腎炎が否定的であった場合は慢性腎臓病の教育対象とさせて頂きます。)

新型コロナウイルス感染症の当院における対処
① 糸球体腎炎やネフローゼ症候群、急性腎不全、膠原病(自己免疫性疾患)に関しては治療を急ぐ必要があるため、制限を設けません。
② 慢性腎臓病の教育入院に関しては状況によっては中止を検討する可能性がございます。このため、外来主体で完結できる教育を糖尿病内科と連携して行っております。


お知らせ
2022/02/01 最終更新日



セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部訪問看護ステーション
薬剤部健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop