医療物資ご寄付のお礼
病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
JCHO神戸
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医 休診のお知らせ
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

病院長挨拶

 令和3年度の始業にあたりご挨拶申し上げます。
 新型コロナウイルスが日本に「上陸」してはや1年が過ぎました。100年一度といわれる今回のパンデミックが日本においても社会、経済、医療に与えた影響は甚大です。11月~3月にかけての大きな第3波は2度目の緊急事態宣言によりピークアウトしたものの、現在、第4波が到来しています。現在、ようやくワクチンが流通し始め、医療者への接種も始まっておりますが、一方で変異型も広がりを見せており、まだ暫くはウイルスとの共存が必要となると思われます。今回のパンデミックにおいて、当院は行政の指示のもと入院を含めた患者の対応をしてまいりました。幸い現在まで関連施設も含めて大きなクラスターの発生なしに来ておりますが、感染対策を実践している病院スタッフへの敬意とともに地域の皆様のご協力に感謝いたします。歴史的にも19世紀のロンドンでのコレラの流行が都市の上下水道の整備に繋がったことなど疫病がその後の社会を変える契機となったことは枚挙に暇がありません。当院においても今回のコロナ禍によりチーム医療の重要性の再認識と院内外でのオンラインによる発信・コミュニケーションが促進されたと思われます。
病院長

院長 松本圭吾

 さて、今年度は、循環器内科、整形外科の体制の拡充と欠員がある消化器内科でスタッフが補充され、当院は急性期総合病院としての充実した態勢づくりをしてまいります。また、当院の強みである健康管理センター、介護老人保健施設、地域包括ケア病棟、緩和ケア、訪問看護ステーションなどの附属施設による予防から急性期治療後のケアに至る総合的な医療・介護体制についても施設間・地域との連携を強化してゆく所存です。
 今春に新たに着任する常勤職員は80名近くになります。この新しい力とともに更なる地域医療の発展に尽くしたいと考えております。本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

令和3年4月1日
JCHO神戸中央病院 院長 松本 圭吾


セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部薬剤部
健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop