医療物資ご寄付のお礼
病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
一次脳卒中センター
リソースナース
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医 休診のお知らせ
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

病院長挨拶

 令和になり最初の年度初めを迎える2020年4月に院長に就任いたしました。
未曽有のパンデミックとなった新型コロナ感染の収束が見通せないなかでの就任ですが、一言ご挨拶申し上げます。

 当院は、地域の皆様には「中央病院」あるいは旧名の「社会保険病院」と呼んでいただくことが多いと思いますが、平成26年4月1日より、全国社会保険協会連合会から独立行政法人地域医療機能推進機構へと開設者の組織の変更とともに正式名称が変わっております。長い病院名ですので、英語名のJapan Community Healthcare Organizationの4つの大文字から作ったJCHOを頭につけて「JCHO(ジェイコー)神戸中央病院」と呼んでいただければと思います。JCHOは厚労省の政策を反映する形で、日本の超高齢化社会に対する「地域医療、地域包括ケアの要として、地域住民の多様なニーズに応え、地域住民の生活を支える」を一番重要な使命としています。もとより病院の関連施設として介護老人保健施設、訪問看護ステーション、地域包括支援センターなどを備えていた当院はその目的に合致した病院・施設と言えます。
病院長

院長 松本圭吾

 歴史を紐解きますと、当院は、健康保険制度による医療の普及を目的に、終戦間もない昭和23年に生田区(現在の中央区)中山手通りに健康保険神戸中央病院として開設されました。昭和61年に、ニュータウン造成にともなう人口増加が著しかった北区の救急医療を担う基幹病院として中山手からスケールアップして新築移転してまいりました。その後は、附属看護専門学校、介護老人保健施設、健康管理センター、緩和ケア病棟、訪問看護ステーション、集中治療室などを備える北区南部の地域医療を担う総合医療センターとして発展してまいりました。病院の中核である救急医療については、年間約2500台の救急車の受け入れを行っており、北区の病院では1番多い受け入れ数です。一方で、医療制度の変革などの余波を受ける形で、産科など縮小・閉鎖せざるを得なくなった部門や施設もありました。

 現在、地域医療構想などで医療供給体制が大きく変容しつつあるなかで、当院の立ち位置として、既に認定されている「地域医療支援病院」としての役割、即ち1.救急医療の提供 2.紹介患者に対する医療の提供 3.医療機器の共同利用の実施 4.地域の医療従事者に対する研修の実施 を維持・発展してまいります。なかでも、救急医療については、日勤帯の救急担当医の配置、内科・外科・集中治療室の当直体制の維持と脳卒中、虚血性心疾患に対する24時間オンコール体制を維持し、紹介患者さんに対しては地域連携室と外来担当医・スタッフが一体となって丁寧に対応してまいります。当院では各診療科の医師よる高度な専門的治療に加えて、横断的なチーム医療も活発です。従来から活動している「NST(栄養サポート)」「褥瘡対策」「ICT(感染対策)」に加えて、歯科・口腔外科を中心とした「口腔ケアチーム」、循環器内科、皮膚科を中心とした「フットケアチーム」が活動しており、単科では対応が不十分であった病態にも対処できるようになっています。また、高齢者の発病、受傷後の機能回復にはリハビリテーションが重要ですが、従来の整形外科疾患、脳卒中急性期に加え、心不全に対しても施療できるようになっており、急性期治療後の患者さんの生活機能の向上に役立っています。

 北区に移転して35年を迎えようとしているなか、最も大切なことは、病院単体での地域医療はあり得ず、地域の医療施設・介護施設ならびに住民の皆様とのコミュニケーションが必須であると思っております。そのなかで公的中核病院として、期待されている地域医療の要として、地域の皆様とともに歩んでまいりたいと思っております。
今後ともご支援・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

令和2年4月1日
JCHO神戸中央病院
院長 松本圭吾



セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部薬剤部
健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop