医療物資ご寄付のお礼
病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
JCHO神戸
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医 休診のお知らせ
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

放射線科

概要 担当医プロフィール

概要

 放射線科では治療方針の決定に寄与する質の高い画像診断、負担の少ないやさしい検査を提供できるよう心がけています。放射線機器には最新の3テスラMRI装置や被ばく低減機能を備えたマルチスライスCTをはじめ、RIガンマカメラ、血管撮影装置、X線テレビ装置、骨塩定量検査装置、乳房撮影装置、一般撮影装置を備えており、ほぼすべての放射線領域の検査を行うことが可能です。
 放射線科医師はほぼすべての検査・画像診断にかかわっており、安全で精度の高い放射線診療を維持できるよう努めています。また診断以外にも肝腫瘍に対する肝動脈塞栓術や緊急の出血の動脈塞栓術、末梢血管のバルーン拡張術、CTガイド下での生検やドレナージなどの処置や治療も各科と協力して行っています。また当院では撮影した画像を放射線科にて診断し、電子画像とともに院内LANで配信して、病棟や外来の電子カルテ端末で担当医がいつでも情報を閲覧することができます。以下に放射線科で行っている各検査をご紹介します。

【稼働中の放射線機器】
・ 一般撮影         3室
・ 骨塩定量検査       1室 1台
・ 乳房撮影(マンモグラフィ)1室 1台
・ CT検査         2室 64列2台
・ MRI検査        2室 3テスラ1台 1.5テスラ1台
・ 血管撮影         2室 FPD搭載バイプレーン装置2台
・ X線透視検査       3室 FPD搭載Cアーム型1台、I.I型2台
・ 核医学(RI)検査    1室 SPECT装置1台



胸部・腹部・骨・関節の撮影を行います。
JCHO神戸


骨の密度を調べ骨粗しょう症などの診断に用いられる検査です。ベッドの上に寝て腰椎・大腿骨頭を測定します。
JCHO神戸


乳房のX線検査です。専用の装置で乳房を圧迫しながら行います。圧迫することで多少の痛みを伴いますが、できるだけ厚みを薄くすることでより被ばくの量が少なくなり、より鮮明な画像を得ることが出来ます。
当院ではマンモグラフィ撮影認定技師の資格を持った女性技師が撮影いたします。
JCHO神戸


X線を用い、身体の断面を撮影する検査です。撮影した画像データーを画像処理システムで処理することで、目的の部位や血管を3D画像で表示することも出来ます。検査時間は5~20分程度です。
当院は64列のMDCT(multi detector row CT)を2台稼働して、24時間救急対応の体制をとっています。
JCHO神戸 JCHO神戸

画像処理システムで処理した3D画像
 足関節 心臓 頭部血管
JCHO神戸JCHO神戸JCHO神戸
(非造影検査)(造影検査)(造影検査)


ドーナツ状の長い磁石のトンネルの中に寝て、電波と磁場を用いて身体のいろんな角度の断面を画像化する検査です。痛みの心配はありません。検査時間は20~40分程度です。検査中は大きな音がしますが、耳栓・消音ヘッドホンをご用意しております。
当院は、磁場強度が3.0テスラと1.5テスラの2台の装置を稼働して、高度な検査や急性脳疾患などの緊急時検査にも対応しています。
JCHO神戸JCHO神戸
3テスラ1.5テスラ

非造影頭部MRI・MRA画像
JCHO神戸JCHO神戸
FLAIRDWI:Diffusion Weighted Image
JCHO神戸JCHO神戸
ASL:Arterial spin labeling
造影剤を用いず脳の血流を計測します。
MRA

非造影 頚部MRI・MRA画像

JCHO神戸

非造影下肢MRA画像

JCHO神戸


 当院は2台のFPD搭載バイプレーン装置で検査や治療を行っています。
腕や脚の血管から細い管(カテーテル)を挿入して目的の部位まで誘導し、造影剤を注入して血管を撮影する検査です。
狭くなったり詰まったりしてしまった血管を風船カテーテルで拡張したり、血栓を除去して血流を回復する治療や、腫瘍の近くまでカテーテルを進めてそこから薬剤を注入したり、腫瘍を栄養している血管を塞いだりする治療を行います。
また、アブレーション(心筋焼灼術)による不整脈の治療も行います。
JCHO神戸 JCHO神戸


当院にはX線テレビ装置が3台あります。
2台が汎用機で、1台は泌尿器科検査専用機です。
汎用機では、消化管検査(胃エックス線検査・注腸検査)、肝胆道系検査(ERCP・PTCD等)、気管支鏡検査などを行います。汎用機のうち1台はCアーム型透視装置で、患者さんが寝たままでもさまざまな角度からの透視・撮影が可能です。
JCHO神戸 JCHO神戸 JCHO神戸


放射性同位元素を含んだ検査用の薬(放射線医薬品)を注射したり飲んだりした後、体の中の薬の分布状態をガンマカメラという装置で撮像する検査です。検査用の薬はごく微量の放射線がでますが、時間とともに減少していきます。この検査で受ける被ばく線量は多くないので心配ありません。
JCHO神戸

主な核医学検査

狭心症の診断に特化した“負荷心筋シンチ”
JCHO神戸

認知症、脳血管障害診断に特化した“脳血流シンチ”
JCHO神戸

癌による全身の骨異常を診断できる“骨シンチ”
JCHO神戸

2020年の主な実績

一般撮影 23833件
CT 13360件
MRI 5809件
血管造影・IVR 48件
RI 832件
乳房撮影 517件

ページの先頭へ


担当医プロフィール

健康管理センター長 院長補佐(地域医療推進)

岡本 将裕
京都府立医科大学 平成8年卒業

◎ 資格及び専門分野
日本医学放射線学会診断指導医・専門医
肺がんCT検診認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
脈管専門医
日本人間ドック学会専門医
放射線診断、IVR

医長

久保田 浩史
京都府立医科大学 平成15年卒業

◎ 資格及び専門分野
日本医学放射線学会診断専門医・指導医
検診マンモグラフィ読影認定医
人間ドック認定医
日本医師会産業医
放射線診断、IVR

中山 雅夫
京都府立医科大学 昭和57年卒

◎ 資格及び専門分野
日本医学放射線学会診断専門医・指導医
検診マンモグラフィ読影認定医
放射線診断

※京都府立医科大学放射線科より常時非常勤医師を派遣してもらい診療の充実を図っています。
診療放射線技師 24名
看護師 14名
事務 4名

放射線科(治療)からのお知らせ

 永年地域医療の貢献のために頑張ってきましたが、放射線治療は平成28年度を以って終了する運びとなりました。
地域医療機関の先生方には、大変ご不自由をおかけしますことを深くお詫び申し上げる次第でございます。略儀ではございますが、まずはお詫びとご挨拶を申し上げます。


前のページに戻る




セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部訪問看護ステーション
薬剤部健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop