病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
心臓血管治療センター
リソースナース
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院
 神戸市北区は人口約23万人、住民にとって身近で安心感のある地域医療を提供するとともに、大学の関連病院、研修認定を受ける中核病院として、幅広い医療の提供を行っています。神戸の中心街より車で20分程度の六甲山系の高台に位置する北区エリアは、救急搬送の約77%を区内で完結しており、当院も2〜2.5次の救急搬送を請け負っています。当院は急性期を担っているが、急性期の病態だけに特化するも十分な医療を提供しているとは言えないと考えており、地域支援病院を掲げ、急性期から慢性期、緩和ケアへと一貫した医療の提供に勤めています。介護老人保健施設や訪問看護もあり、この地域を包括的にケアできる体制づくりを推進しています。


診療科情報

専攻医教育連携病院

 新内科専門医制度・総合診療専門医制度とも、基幹病院として認定を受けています。当院では、ほぼすべての診療科が揃うと共に、各々研修認定施設を取得していることから、専攻医1年目よりサブスペシャリティを視野に入れた研修が可能です。診療科を決めている方、これから決める方共に、広く募集しています。

診療科の垣根も低く、学閥も感じない環境は、年齢問わず相談できる環境が揃っています。指導医との距離も近く、医局内もなごやかな雰囲気です。
専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

専攻医教育連携病院

ページTop


耳鼻いんこう科

 当院の耳鼻咽喉科は専門医2名を含む常勤医3名体制ですが、鼓室形成術や鼻副鼻腔手術、口腔咽頭手術の症例数はいずれも県内5位以内です。他にも多岐にわたる耳鼻咽喉科領域の疾患は一部の進行癌以外全て対応しているため、大変多くの症例数を経験出来ます。

 専門医プログラムは京都府立医大であり、同大学病院、京都、大阪や滋賀の病院などでの勤務もありますが、プログラムを当院で始めることで耳鼻咽喉科医として必要なスキルはみるみると習得出来る環境が整っています。
 可能な限り多くの手術を経験してもらうため、指導医と共にどんどん手術に入り、スキルの成長具合に応じて施行してもらう内容をグレードアップする方針としております。手術前後には予習、復習としての画像検査、手技の手順を指導医とディスカッションし、自らも考えてもらう癖がつくこと、他科を含む他のドクターと気軽に相談し、協調性のある医師になってもらうことが大切と考えています。
 耳鼻咽喉科は感覚器障害の患者に対し、自らの手で治すことの喜び、感動があり、医師としてのやりがいがある診療科です。是非一緒に研鑽しましょう!
専攻医教育連携病院
耳鼻いんこう科診療部長
柴田 敏章先生
ページTop / 診療科Top


血液腎臓内科

 内科の中ではメジャーでないように見えてその実、一番内科Internal Medicineなのは当科です! 患者さんを診て、考えて、理論的に薬で治していくのが、醍醐味だと思います。腎臓内科では、腎炎やネフローゼに対しての腎生検からの診断や治療、電解質異常や今たくさんおられる慢性腎臓病へのアプローチを学び実践し、他科の先生にも頼られる全身管理が出来る医師への教育をおこないます。急性期病院では珍しい維持透析施設で有り、合併症入院の患者の管理やICUでの血液浄化療法、腹膜透析についても透析関連手術から手技を学んでもらいます。腎臓ならびに透析の専門医が取得可能です。

 血液内科では、リンパ腫骨髄腫のコモンな腫瘍性疾患の化学療法を中心に、移植治療や貧血や血小板減少などの良性疾患についても沢山の症例を経験し、血液、腫瘍内科、癌治療専門医の取得が可能です。また免疫内科に関しても神戸大学との連携でリウマチ専門医を取ることができます。高齢者の多い今の世の中で多くの合併症を管理しながら患者さんに寄り添って治し生きていくことを一緒に考えていけるドクターを期待しています。大学の枠を越えて希望の医局へ入局実績があります(京都府立、神戸、大阪、岡山、など)。本当の内科医が少しでも全国に増えることを望んでいます。
専攻医教育連携病院 内科診療部長
足立 陽子先生
ページTop / 診療科Top


小児科

 小児科は単一の臓器だけでなく、小児すべての領域を診察する総合診療科です。子供の身体、心理、発達の全体像を把握し、患者とその家族、そしてその社会的背景を配慮することにより、将来どの分野の専門医を目指す場合でも、適切に子供とその家族に関わることができます。

 当科では感染症や痙攣、アレルギーなどのcommon diseaseを主に診療し、高度な専門領域の知識を必要とする重症疾患については京都府立医科大学小児科学教室ならびにその連携研修施設で数多く経験します。小児科専門医研修施設で3年間の臨床研修を終了すると小児科専門医受験資格が得られます。複数の小児科専門医からきめ細かい臨床指導を受けられますので、一般小児科医として必要な知識、技術と姿勢を磨いて子供たちが明るく元気に成長していけるよう共にがんばりましょう。
専攻医教育連携病院 小児科診療部長
上田 育代先生
ページTop / 診療科Top


精神科

 京都府立医大精神科のプログラムに参加、当院に3年目以降所属で精神神経学会専門医の経験年数が取得できます。ただし精神保健指定医のレポート症例は精神科ベットを有さないため取得できません。一人医長の診療体制となっており、その範囲内で指導は随時行っていきます。当院の特徴としては、緩和ケア病棟での研修も可能です。「将来的には精神科専門医を視野に入れているが、今しばらくは身体診療科にての経験も重ねたい」といった方向付けの先生方にお勧めとなります。
専攻医教育連携病院 精神科診療部長
有井 一朗先生
ページTop / 診療科Top


皮膚科

 皮膚科は直接、目に見える皮疹を診療します。誰でも、一度は見たり経験したりしたことのある疾患も多くあると思いますが、皮膚疾患は非常に多岐にわたります。アトピー性皮膚炎や乾癬など内科的疾患や腫瘍など外科的疾患そして最近では美容やアンチエイジングの分野もあり非常に広範囲の領域を扱います。

 当科は常勤医2名の体制で、京都府立医科大学のプログラムに入っています。初期研修後、3年目は大学病院での研修となり、4年目以降当院で研修することが可能です。診療は、午前には外来診療、午後には予約診療(外来手術、検査など)、病棟・入院患者の診察・処置を行います。形成外科とも連携し特に皮膚腫瘍の手術を行い、診断から治療まで経験することができます。また、大学から先生を招いて、月1回、症例の検討をおこなっています。。
上記のように皮膚科では非常に広範囲な領域を扱うため、次々と新しいことが出てきます。皮膚科なら、自分に興味のあることが見つかるのではないでしょうか。
専攻医教育連携病院 皮膚科診療部長
村西 浩二先生
ページTop / 診療科Top


整形外科

 当院整形外科では、地域の患者さんを中心に外傷・慢性疾患に対して幅広く対応しています。整形外科は運動器疾患を広く扱う特性があるため、種々の専門分野があります。その全てに精通することは難しいですが、各分野の最低限必要な知識を学んだ後、さらに専門分野を選択することが一般的です。当院での研修では、興味のある専門領域に加えて、主に一般整形外科の臨床・知識・技術を学んでもらいます。スキルアップのためには数多くの臨床現場での経験が重要と考えますので、できるだけ外来や救急、手術などで直接患者さんと接し、自分で対応した症例を中心に主治医として担当して頂きます。

 当科は京都府立医科大学整形外科の研修プログラムに属しており、専門研修連携施設の認定基準を満たしています。研修医は研修終了後、さらに1年程度は当院で継続して勤務することが可能な場合があります。その後は、適宜、基幹病院や連携施設をローテートし、最終的に整形外科専門医の資格を得ることができます。
専攻医教育連携病院 整形外科部長代理
久保田 迅是先生
ページTop / 診療科Top


外科

 手術のできる外科専門医になろう!!
新専門医制度の当院外科のプログラムは京都府立医大のプログラムです。初期研修終了後、三年目以降に当院外科で専攻医として研修を続ければ「外科専門医」を習得できます。ただし、現時点では京都府立医大外科医局に入局していただくことになります。

 外科専攻医研修の目標は、「合併症の無い安全な手術を執刀できること」です。まず手術書を読み、手術ビデオを見、手術の基本知識・手技を知ることが必要ですが、それだけでは手術は出来ません。指導医の十分な指導のもと、可能な範囲で手術を執刀してもらうことが必要です。これらを繰り返し、日々実践してもらうことで手術ができるようになり、手術手技が上達します。さらに手術に必要な知識を体得できます。座学では得られません。術前術後管理のknow-howも経験豊富な指導医が伝授します。当院外科でSurgical oncologistを目指してみませんか。
専攻医教育連携病院 副院長兼外科診療部長
中川 登先生
ページTop / 診療科Top


総合内科

 総合内科の『総合』とはどのような意味でしょうか?高齢化社会においては、他領域にわたる複数の医学的問題を抱えているのみならず、社会的な問題を抱えている場合も少なくはなく、それらの問題に対して包括的にアプローチすることが、そのひとつのとらえ方であるように思います。個人的には、総合内科として診療されている先生方は、それぞれの『総合内科』としてのスタイルを持っておられるように感じています。総合内科では具体的な手技を駆使した医療が実践できる機会はあまりありません。ですから、若い先生方は医療を実感できることが少ないかもしれません。だからこそ、若い先生方が『総合内科』の診療に参加して下さる際には、ともに学び、考えながら、それぞれの先生方の『総合内科』を感じて頂き、ひいては『医師としての自分の姿』を感じて頂けるように心がけたいと思っています。そして、将来どのような分野を自分の専門とされる場合にも、その礎となるものを築き上げることのお手伝いができれば、と考えています。
専攻医教育連携病院 総合内科診療部長
桂 敏明 先生

ページTop / 診療科Top


脳神経外科

・京都府立医科大学脳神経外科の専門研修プログラムの連携施設として認定されており、脳神経外科専門医を取得するまでの訓練施設となっています。連携施設から専攻医としての訓練を開始した場合、3~4年目(後期研修1~2年目)を連携施設(当施設)で過ごし、その後、基幹施設である京都府立医科大学のプログラムでで研修を継続し、7年目(後期研修5年目)に専門医試験の受験資格を得ることができます。

・日本脳血管内治療学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本脳卒中の外科学会技術認定医、日本神経内視鏡学会技術認定医取得への準備ができます(これらの受審は脳神経外科専門医を所得してからとなります)。

・3名の脳神経外科学会専門医/指導医が在籍しており、連携施設としては分厚い指導体制を敷いています。とくに脳血管内治療については専門医2名(1名は指導医)が指導に当たり専門医取得を目指せます。また脳腫瘍についても日本神経内視鏡学会技術認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医が在籍しており専門的な指導を受けられます。

・これらの複数の専門医指導医の下で日常臨床、カンファレンス、手術で細かく指導を受けながら成長を実感できます。
専攻医教育連携病院 副院長兼脳神経外科診療部長
松本 圭吾 先生
ページTop / 診療科Top

循環器内科

 当科は中規模ながらも、PCI、EVT、心エコー、不整脈および心臓核医学といった各分野のハイレベルな指導医が揃い、専門教育が充実しています。京都府立医科大学の関連病院でもあり、研修終了後には大学院に進学し、博士号取得の研究を行うことも可能な上、勤務医として当院の勤務を継続したり、さらには大学の医局人事で異動を希望する事も可能です。
研修認定施設の認定もあり、循環器学会および心血管インターベンション学会の専門医取得が可能です。研究会や学会発表は1年に3-5回程度あり、主に研修医・専攻医に行って頂いてます。

 研修では、受持ち患者の診療方針決定や治療手技が難しい場合は、上級医が気軽に相談にのり、しっかりサポートしています。心カテは上達に合わせて平易な症例からPCIを担当してもらいます。ちなみに昨年は、PCI件数356例のうち60例を専攻医(現在1名)がメインで行いました。
当科の雰囲気は緊張感と和やかさを併せ持ち、居心地は良好だと思いますので、ぜひ見学に来てください。
専攻医教育連携病院 循環器内科診療部長
田中 哲也 先生
ページTop / 診療科Top


消化器内科

 当科では消化管・胆膵領域の内視鏡、肝臓疾患、化学療法及び消化器疾患全般をそれぞれが得意分野を活かす形で診療しています。特に内視鏡分野では、内視鏡検査室3列、X線テレビ室2列で検査を行っており、最新の内視鏡機器に加えて超音波内視鏡(ラジアル、コンベックス)、カプセル内視鏡(Given社製)、ダブルバルーン内視鏡(Fujinon社製)を常備しており、ESD、消化管ステンティング、EUSガイド下治療等の最新の治療手技にも積極的に取り組んでいます。また、これらの成果を積極的に研究会や学会等で発表しています。

 当科は外科、放射線科、病理検査科等と診療科を超えた連携も必要不可欠と考えており、外科との合同カンファレンスや、消化器疾患の地区研究会を共催するなど、他科の壁を感じずコンサルテーションできる環境づくりを行っています。また、日本消化器内視鏡学会及び日本消化器病学会指導施設として、研修医・専攻医の診療指導にも力を入れています。研修後は関連する京都府立医科大学への入局や、大学院への進学、当科での勤務など、多くの選択肢があります。とにかく症例を積みたい!という方は、少数精鋭の当科の環境はお勧めです。
専攻医教育連携病院 消化器内科診療部長
古志谷 達也 先生
ページTop / 診療科Top


呼吸器内科

『一緒に頑張りましょう!』

 当院は神戸市北区における唯一の日本呼吸器学会認定施設であり、地域における中心的な役割を果たすと共に、種々の疾患を経験することができます。当科は京都府立医科大学の関連施設とあります。初期研修ではコモンディディーズを中心に、他の診療科でも役立つ知識や基本的な手技を習得してもらい、毎週行うミニレクチャーにより、理解を深めて頂きます。
専攻医にはより主体的に多岐にわたる呼吸器疾患を経験してもらい、呼吸器専門医を取得することを目標としています。知識や手技の習得はもちろんですが、患者さんやご家族とのコミュニケーションも大切であると考えています。
医師免許取得して最初の数年間の経験が今後の医師人生に大きな影響をもたらします。その大切な時期をより充実したものにするお手伝いができればと思っています。
専攻医教育連携病院 呼吸器内科診療部長
大杉 修二先生
ページTop / 診療科Top


見学希望は、気軽にご連絡下さい♪


病院見学募集中!
ご連絡おまちしています。


   独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)
   神戸中央病院

   〒651-1145 神戸市北区惣山町2丁目1番1号
   Tel:078-594-2211(代表)
   E-mail:saiyou@kobe.jcho.go.jp

   担当:総務企画課 経営企画係
      お問合せはE-mailもしくはお電話にて受付けております。


病院の概要

所在地 :神戸市北区惣山町2丁目1番1号
電話番号:(078)594-2211 FAX番号:(078)594-2244
管理者 :病院長 大友 敏行
創立日 :昭和23年7月
交通機関:神戸電鉄 「北鈴蘭台」駅 バス5分
病床数 :424床(緩和ケア22床、人間ドック16床を含む)
標榜科目:総合内科 内科(腎臓・透析) 内科(血液・免疫) 内科(糖尿病) 
     循環器内科 消化器内科 呼吸器内科 神経内科 小児科 外科
     整形外科 皮膚科 精神科 耳鼻いんこう科 脳神経外科 婦人科
     歯科口腔外科 眼科 放射線科 リハビリテーション科 麻酔科 緩和ケア
URL :http://kobe.jcho.go.jp/
専攻医教育連携病院


セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部訪問看護ステーション

薬剤部健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop