学校長挨拶
アクセス
お問い合わせ先
学校祭
卒業生からのメッセージ
専門実践教育訓練制度
介護老人保健施設
神戸中央病院
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
個人情報保護方針

学校の概要

1.教育理念

 本校の教育理念は、地域住民の保健・医療・福祉の担い手として、人々が身体的・精神的・社会的に能力を最大限に発揮し、
 自らの望む場所で社会生活が営めるように支援できる看護実践者を育成することである。
 看護は、人間の尊厳と生命に対する畏敬の念とに基づく人間理解を基盤とし、対象である人間を身体的・精神的・社会的に
 統合された存在として捉え、あらゆる発達段階、健康のレベルにある人々に対し、その人らしい生活過程を整えるよう援助
 することである。
 学生は、看護師として必要な基礎的知識や技術を修得し、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
 また、豊かな人間性と創造性を培うとともに、生命に対する深い畏敬の念をもち、人々の多様な価値観を認識し、
 専門職業人としての共感的態度および倫理に基づいた実践ができる能力を養う。更に、自己研鑽につとめながら能力の開発を目指す。
 一方、教育者は学習者の能力・資質を引き出し、主体性を持って学ぶ姿勢を育てるために意図的・系統的に働きかけ、支援する。
 学習者と教育者は相互作用の中で共に育つ関係を持つ。

2.教育目的

 看護師として必要な基礎的知識及び技術を修得し、豊かな人間性を養い、地域住民の保健・医療・福祉の担い手として、
 社会に貢献できる看護実践者を育成する。

3.教育目標

  1.生命の尊厳と個々の人格が尊重でき、高い倫理観に基づいた感性豊かな人間性を養う。
  2.健康の概念を理解し、あらゆる発達段階・健康レベルにある人々に対し、その人らしい生活過程を整えるよう援助できる。
  3.対象の健康上の課題を解決するため、信頼関係を基盤に科学的根拠に基づいた看護実践ができる基礎的能力を身につける。
  4.保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療の一員として、協働できる能力を養う。
  5.専門職業人としての自覚と責任を持ち、常に自己研鑽する態度を身につける。
  6.変動する社会の要請に対応し、地域住民の保健・医療・福祉の向上に寄与できる能力を養う。




PageTop