病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
心臓血管治療センター
リソースナース
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

薬剤部紹介

薬剤部薬剤部紹介PCT薬剤部ICT募集要項

薬剤部

薬剤部のスタッフは、16名の常勤薬剤師に助手が1名の合計17名です。
専門性を生かし他職種とのスキルミックスを図りながら、薬物療法の安全性の確保と質の向上に努めています。
当院では、各病棟に1名担当薬剤師が配属されています。
3階は小児科、耳鼻科、泌尿器内科、糖尿病内科,4階は整形外科、脳神経外科、歯科、神経内科、皮膚科,5階は循環器内科、呼吸器内科、一般内科、血液内科、腎臓内科,6階は外科、消化器内科、7階は緩和ケア病棟です。
担当病棟の薬剤師が決まっているので、看護師や医師と連携が取りやすく、より良い医療実現のために日々業務に励むことが出来ます。スタッフ間でお互い信頼することによって、日々の業務で疑問に思ったことについて議論し、一緒に考える事が出来る病院です。

薬剤部の主な業務

調剤業務

2011年の電子カルテの導入に伴い、最新の調剤機器が設置されました。
安全にお薬を服用して頂けるように、処方内容の確認は、機器によるチェックと共に薬剤師がダブルチェックを行っています。
電子カルテのマスター管理も担当しています。
紹介

注射薬調剤業務

入院患者さんの注射薬は、内服薬と同様に処方チェックを行い、アンプルピッカーによる自動払い出しにより患者さん毎にセットし病棟へ払い出しています。 紹介

無菌注射薬製剤業務

入院・外来患者さんの抗がん剤は、薬剤部の無菌室内の安全キャビネットで調剤しています。抗がん剤のレジメンの作成、管理も担い適正使用の確認を行っています。 紹介

病棟業務

各病棟の担当薬剤師が入院患者さんの薬物療法が安全かつ有効に行われるよう処方内容を確認し、医師への処方支援や看護師等スタッフへの情報提供を行っています。入院患者さんへは、持参薬を鑑別し、入院中処方されるお薬の説明を行っています。 紹介

医薬品情報管理業務

インターネット、製薬メーカーからの情報、文献等から得た情報を整理加工し、院外を含め必要部署へ配信をしています。 紹介

実務実習

薬学生の実務実習を受け入れています。
緩和ケア病棟や付属の老健施設での実習等も可能です。
紹介

チーム医療

ICT(感染対策チーム)、NST(栄養サポートチーム)、緩和ケアチーム、糖尿病ケアチーム等々に参画し、医薬品の適正使用の推進、ラウンドへの参加、研修会の開催等を行っています。
専門や認定薬剤師等スキルアップを目指す薬剤師には、研修会や学会への出席等の環境も整えています。

地域連携

当院主催の市民医療セミナーでは、お薬についての講演・お薬相談コーナーを受け持っています。
また神戸市北区薬剤師会へは院外処方に関する情報を配信し、当院医師を講師として年に3回合同研修会を実施しています。

院外活動(学会発表、セミナー等)への参加もアクティブに、自らを高める活動も盛んです!

病棟での業務を積極的に行う他、院外活動への参加も盛んです。
スキルアップの為の勉強会や研修会への参加も奨励しています。
冨永薬剤師 日輪さん相談 市民セミナーでの講演後は参加された市民の方々の個別のお薬相談も行います。
より身近に安心してお薬を服用して頂ける様、ご相談に応じます。
第二回市民セミナー 演者 富永 日輪さん

これから薬剤師を目指す方へ

薬剤師はなってからも勉強を続けていかないといけない職業で、日々の業務は大変なことも沢山あります。しかし、患者さんからのありがとうという言葉やあなたに頼んで良かった等の言葉を聞いた時は頑張って良かったと嬉しく感じることが出来る職業でもあります。薬剤部は、患者さん一人一人との縁を大事にし、患者さんの為の医療が出来るように日々業務に取り組んでいます。
困った時は優しく相談に乗ってくれる先輩が多い職場なので、ぜひ興味がある方は一度見学にお越し下さい。皆さんと一緒に働ける事を楽しみにしています。
薬剤部


セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部訪問看護ステーション
薬剤部健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop