病院長挨拶
病院紹介
総合内科
リソースナース
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
救急外来のご案内
お問い合わせ先
地域医療支援研修会
学術活動
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー情報
診療実績
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

臨床研修プログラム

menu - 研修プログラムの特徴研修風景研修スケジュール研修医からのメッセージ
指導医からのメッセージ主な設備関連施設研修終了後の進路周辺環境
後期研修プログラム

◎研修プログラムの特徴


 神戸市北区の地域中核病院として、ごく一般的な疾患から高度な医療が必要となる疾患まで幅広い症例が揃う環境である。
研修は少人数制でローテーション時には研修医が1名ずつの配置となり、より多くの症例を経験する事が出来る。また実践的な研修により手技の習得を行う指導体制を取り入れており、救急対応の経験値アップや、外科系手術の執刀を担当するなど、研修医本人の意思と意欲が高ければ高いほど、より多くの経験値とスキルを得る事が可能である。研修プログラムに関しては、研修医の目指す医師像に寄り添う様、個々に希望を取り入れ、年度途中であってもフレキシブルに組み換え出来る事が魅力の一つとなっている。二年時においても、将来の進路を見据えた診療科目を重点的に履修し、後期研修に生かして頂く事が出来る。

各科のカリキュラムでは、心筋梗塞、脳卒中、吐下血に対する緊急検査や処置、インターベンション、緊急手術、ICUでの呼吸器管理、血液浄化療法などの体験を通じ、初期対応が出来る総合力を持った医師の育成を目指している。

血液、自己免疫、感染症、内分泌、神経疾患などでは、理論的且つ考察力を養い、麻酔をかけ、外科手術を担当する中、臨床現場にてより多く学んで頂けると考える。また17年の歴史を持つ総合病院併設の緩和ケア病棟でも、臨床以外の分野を含むより多くの事を経験できると確信している。
ページの先頭へ


◎研修の目標


 医師としての人格を涵養する事が出来る研修を目指し、将来の専門性に関わらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応出来るよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける為の研修を行う。執刀経験等、積極的に症例に携わり、臨床経験を豊富に積みながら、さらには学会発表等への参加を行う中、いち早くより多くの経験値を得る事が出来る研修を実践している。

<病床数>

一般病床数 424床(緩和ケア含む) 総病床数 424床
総医師数 80名 総指導医数 22名
総研修医数 8名 研修医の内訳 初期8名(内襷3名)
研修医の主な出身大学 京都府立医科大学・神戸大学・檀国大(韓国)・滋賀医科大学・高知大学・近畿大学・宮崎大学 他
関連大学は京都府立医科大学・神戸大学・関西医科大学・兵庫医科大学がメインとなるが、学閥の無い環境に定評があり、全国から広く研修医を受け入れている。
ページの先頭へ


◎当院の研修風景


臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム
臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム
臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム
ページの先頭へ


◎指導医の先輩から・・・


臨床研修プログラム  地域の中核病院としてさまざまな疾患に初診時から関わり、何がCommon diseaseかを臨床経験の中で習得出来る。現場主義、実践主義の観点より救急外来では最初に研修医が診察、診断を行い治療方針を組立てる。目の前の事態に瞬時に考え対応する事で臨床能力が飛躍的に向上し、また幅広い症例経験を積む中で自らの臨床医像が見えてくる。当院では各々が少しでも多く将来の選択肢を持てる様、サポートしている。
ページの先頭へ


◎研修スケジュール


【 1年目 】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分野 内科(消化器・神経) 内科(腎臓・血液) 整形外科 外科・放射線科 耳鼻咽喉科 内科(循・糖・呼) 救急
施設 当院内にて

【 2年目 】

13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
分野 内科 地域医療 皮膚科 内科 眼科 産婦人科・小児科 精神科 脳神経外科 麻酔科 救急
施設 当院 関連 当院 関連・当院 当院 当院 当院 当院
スケジュールは、研修医の希望により、随時組み替えを検討している。その為、2年目以降は希望診療科を選択する医師も多い。

○研修計画

・1年次モデル
 基本研修科目(合計8ヶ月):内科6ヶ月、
               救急3ヶ月(うち1ヶ月は分を副直、日当直における救急外来での研修を行う内容に置き換える)
 選択必修科目(合計4ヶ月):外科1ヶ月、
               麻酔科1ヶ月、
               小児科1ヶ月、
               産婦人科0.5ヶ月(アドベンチスト病院)、
               精神科0.5ヶ月(有馬病院)

・2年次モデル
 基本研修科目(合計1ヶ月):地域医療(社会保険高浜病院または神戸市医師会所属診療所等)
 選択科目(合計11ヶ月) :以下の診療科より選択

◇選択科目

 消化器内科/循環器内科/腎・透析内科/呼吸器内科/内分泌・糖尿病・代謝内科/神経内科/血液内科/外科/脳神経外科/整形外科/産婦人科(産科・婦人科)/小児科/皮膚科/泌尿器科/眼科/耳鼻咽喉科/放射線科/麻酔科/救急/精神科/地域医療
ページの先頭へ

臨床研修プログラム
臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム

臨床研修プログラム
 神戸中央病院で初期研修を開始して早1年が経過しました。医師としてまだまだ発展途上ではありますが振り返ると忙しくも充実した一年でした。注射ですらまともに出来なかった4月のころと比べると、救急当直で初期対応を1人で行えるまでに成長できたのはひとえに指導医の先生方や看護師の皆様のお陰だと感謝しております。

 さて神戸中央病院は病床数約400床、同期は6人前後とそれほど規模の大きい病院ではありません。ですが基本的には各科ローテートする研修医は一名ですので、興味のある症例や手技を経験する機会には恵まれています。また、研修中の科に限らずどの先生も時間があれば快く相談に乗ってくださる環境が整っているため単当患者の治療アセスメントについて独りで悩むことはまずありません。また研修プログラムも自由に組み立てられるためより自分の理想に向けた研修を受けることが可能です。実践的な臨床を経験するという側面では当院を選んで間違いはなかったと確信しています。
 この冊子を取ってくださっている医学生の皆様の中にはまだ研修病院の選択に悩んでいる方も多くおられると思います。主体的な研修をしたいという方にはぜひ一度見学をお勧めいたします。

臨床研修プログラム
 今これを読んでいるあなたは、臨床研修をどこでしようか悩んでいることと思います。
 様々な病院がプログラムに工夫を凝らしより良い研修を行おうと考えていると思いますが、研修の目的は幅広い臨床能力の獲得にあります。この「幅広い臨床能力」とはその後の専門医としての礎であり、礎がしっかりしたものであるほど、専門医としてもより極めることができると考えています。

 神戸中央病院では、基本的な手技を身につける機会が豊富にあり、さらにそれ以上の手技に対しても、経験させて貰えます。また、各科の垣根が低いために、気軽に相談し指導を受けることができます。指導期間しか教えて貰えないと、終わってしばらく経てば忘れてしまうかもしれませんが、その後も指導を気軽に受けることが可能なため、しっかりと身につけることができます。また6人前後の研修医仲間がお互いに教え合いながら、切磋琢磨できる環境が整っています。是非一度見学に来てみて下さい。

臨床研修プログラム
 初めまして。初期研修医1年目を終えようとしている草野淳といいます。今この文章をよんで頂いている学生さんは自分の将来に思いを馳せ、学術的に進んでいきたい、臨床を頑張っていきたい等々考えておられると思います。そんな方々が進路を選ぶ上で少しでも参考にして頂けたらと思い文章を書かせて頂いています。
 四月初め、右も左も分からない状態であろうと1人の医師として可能な限り手技を行うのは初期研修であり、必要があれば患者さんや家族に説明を行うのも初期研修医であることがあります。もちろん指導医の指導の下ではありますが。春の時点では疾患の勉強、手技を前にして医療を行うことへのプレッシャーで大変なことが多々あります。神戸中央病院では春の時点からそのような立場で研修が始まります。初期研修医師として辛い、苦しいと思う時期は必ずあります。しかし、夏を過ぎたあたりで、その経験が生きていると実感する瞬間が来ます。臨床医として成長したいと考えておられる方には貴重な経験を積むことのできる病院であると自負しています。

 文面上ではよいことをつらつらと書いていますが、ぜひ一度自身の目で研修医はもちろん、その他の先生がどのように医療に臨んでいるのか確かめに来てください。最大限のもてなしで良い面、悪い面を含めてしっかりと病院を紹介したいと思っています。

臨床研修プログラム
 この冊子を手にとっている皆さんは医師と言う職業に対してどのような理想像を持っているでしょうか。専門性を追求し最先端の高度な医療がしたい、総合診療として地域に根ざした医療がしたいなど・・・続きを読む

臨床研修プログラム
 元々韓国でも医師でありましたが、日本医師国試に合格し、初期研修医になってもう一度医師としての原点に立つ機会を得ることになりました。韓国での研修経験に基づいて・・・続きを読む

ページの先頭へ


臨床研修プログラム
臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム 臨床研修プログラム

臨床研修プログラム
 初期研修の2年間というのは、これから長く続いていく医師人生の基礎となる非常に重要な期間です。大半の先生方は臨床に進むと思いますが、どの科に進んでも「内科的に素養」というのが必要になります。それは、症状を訴える患者からの如何にして有用な病歴を聴取するかの問診であったり、毎日のベットサイド診療で素早く異変を察知できるかの身体所見であったり、得られた所見やデータから患者に合った病態を矛盾なく構築できるかであったり…。後期研修以降でも磨いていくべきスキルですが、初期研修の2年のうちに間違った方向で学んでしまうと、後々修正するのが非常に難しいです。

 当院の内科の特徴は、各診療科が揃っていること、さまざまな救急患者が搬送されてくることです。各指導医のもと、幅広い症例を経験することにより、十分に基礎固めをしてもらえると思います。また昨年度から発足した総合内科では、2ヶ月に1回程度院外講師を招聘し、カンファレンスを行い教育に非常に力を入れています。研修医が迷子にならないように、我々指導医は厳しく、時に優しく導いていきます。質の高い臨床能力を身に付けたいのであれば、是非当院で一緒に研鑽を積んでいきましょう!


臨床研修プログラム
 スーパーローテート制度になってから早10年経過しました。2年間の前期研修医期間はポリクリの延長からどの科に行くか決め、学生が医師になっていく大事な時期であることは言うまでもありません。
 様々な研修指定病院がある中で、どこで研修するかは迷われることでしょうが、私の個人的意見としては絶妙な病院規模が望ましいと思います。すなわち総合病院としてほぼすべての診療科がありつつ、大学病院とは異なり総合医局で、診療科の垣根なく先輩医師に相談などできる病院という意味です。

 入ったばかりの研修医に何科志望と聞いても、ほとんどが「まだ決まっていません。考え中です。」という返事が多く、2年間の間に方向性を決めようと思って医学部を卒業される方が多いようです。その中で当院の研修は個人の希望にて1年目から科を細かく選択できる自由設計が可能(耳鼻科選択も)です。まったく何科に行くか決めていない研修医が、とりあえずいろいろ回ってみるも良し。心が完全に決まっている研修医が、早くその科の一人前になるために長く研修しても良し。
 大事な決断ですので色々悩んで下さい。考える素材として、医局での様々な科の医師と雑談しながら考えましょう。耳鼻科の手術も年400件ほどありますので、興味があればその楽しさをお伝えします、ローテートされた際にはできるだけ色々やっていただけます。


臨床研修プログラム
 当院は神戸市北区の中核病院で救急から緩和医療まで幅広い臨床研修ができます。また、老健施設および訪問看護ステーションも併設しており、病院で病気だけを診るのではなく、患者さんを見ることが可能です。
 当院の臨床研修の特徴としては、①いろいろな手技が指導医の指導のもと行えること、②希望に即して研修途中にローテート先を変更できること、③研修医室があり研修医の結束が高められることが挙げられます。
 やる気があるあなたに、フットワークの軽い臨床医を目指して是非いっしょに患者さんのために働きましょう。


臨床研修プログラム
 大病院での研修では、多くの指導医との診療の中でまれな症例を深く掘り下げ特殊で先進的な診療ができるメリットがあります。しかし、受診時にすでに診断がついて紹介されることも少なくなく・・・続きを読む


臨床研修プログラム
 2月某日朝、外は一面銀世界。木にはつららが垂れ、枝は雪でたわんでいる。大雪だ。通勤中、足跡は歩くそばから雪でかき消されていく。ここから車で15分の神戸の中心地、三宮から登ってきたと思しき車が・・・続きを読む
ページの先頭へ


◎主な設備


  • 内視鏡
  • 内視鏡下手術
  • 血管連続撮影
  • シネアンギオ
  • CT
  • ヘリカルCT
  • 3D-CT
  • SPECT
  • MRI
  • 骨塩定量
  • RI
  • ガンマカメラ
  • マンモ
  • エコー
  • 3Dエコー
  • カラードップラー
  • X線テレビ
  • デジタルラジオグラフィー
  • 自動血液ガス分析
  • 自動血球計数
  • 自動生化学分析
  • ホルター心電計
  • 呼吸機能検査
  • トレッドミル
  • 眼底カメラ
  • 人工呼吸器
  • 徐細動器
  • ESWL
  • リニアック
  • IABP
  • PTCA
  • 透析
  • CAPD 他
ページの先頭へ


◎関連施設


  • 神戸アドベンチスト病院(産婦人科)
  • 有馬高原病院(精神科)
  • JCHO若狭高浜病院(地域医療)
  • 神戸市医師会所属診療所(地域医療)
  • 神戸市回後老人保健施設(地域保健)
  • 離島・僻地医療(宮古島徳洲会病院・伊良部島診療所 他)
ページの先頭へ


◎研修終了後の進路


初期研修終了後、3年目より専攻医として当院にて研修を受ける事が可能。関連大学への入局や近隣医療機関での勤務も可能。
ページの先頭へ


◎周辺環境


 神戸市北区エリアの中でも(人口23万人 うち65歳以上23,4%)南部地域の医療を担う、唯一の公的病院であり、診療圏は北区を中心に、90%以上を占めている。地域の中核病院として現在の場所に移転し、約28年が経過しています。

立地環境は閑静な新興住宅地でもあり、地域住民の方々や開業医さんとの連携も強く、診療によるトラブルが少ないエリアといえます。神戸の中心地である三ノ宮までは車で15分程度、神戸空港までは車で30分程度、大阪までは電車で約1時間という非常に利便性の高い立地といえます。大阪方面から姫路までの阪神間からの通勤者も多くあります。

教育に熱心な神戸市でもあり、長田高校や灘高校等、有数な進学校があると共に、有名進学塾も多数あり、子育て環境の良さでも定評があります。
ページの先頭へ


◎院内保育所


院内保育所:有
病児保育 :有


 病院敷地内にある看護師寮に院内保育所を完備しています。0歳から満3歳に達するまでの乳幼児を対象としています。但し夜間保育については、未就学幼児も対象となります。院内保育は定期利用の他、一時利用も可能です。また病院内には病児保育も完備されています。
ページの先頭へ


◎病院見学について


 随時対応しており希望者より、希望候補日を2,3日予め伺い、調整しています。また興味のある診療科や重点的に見学したい検査や手術等も伺い、症例検討会を含め効率的な見学を行える様、配慮しています。

当日は8時30分に病院受付に集合。帰宅時間は遠方よりお越し頂く方もある為、事前に打ち合わせを行い個別に決定しています。前泊される方や宿直業務の見学を希望される方には、院内の宿直用の部屋を提供しており、見学日程が決定する際に、部屋予約して頂いています。
ページの先頭へ




セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部訪問看護ステーション
薬剤部健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop