病院長挨拶
病院紹介
総合内科
リソースナース
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
救急外来のご案内
お問い合わせ先
地域医療支援研修会
学術活動
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー情報
診療実績
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

脳神経外科

概要 担当医プロフィール 外来担当医表

概要


はじめに

脳神経外科は、脳・脊髄疾患に対し手術を中心に治療を行う外科系診療科である一方で、18ある基本診療科目の1つとして「脳・脊髄に生じる疾患の予防、急性期治療、慢性期治療」に対応する診療科でもあります。JCHO神戸中央病院 脳神経外科は、地域に根差すかたちで、脳血管障害を中心に脳腫瘍、機能的脳疾患など脳神経疾患に対する総合的診療を行っています。脳神経外科の具体的な治療手技としては、薬剤治療を含めた一般的な全身管理に加えて顕微鏡手術(マイクロサージェリー)、血管内治療(カテーテル治療)、放射線治療を組み合わせて治療を計画・実施します。とくに脳血管障害の治療においては血管内治療の進歩が著しく、顕微鏡手術との使い分けが重要となってきます。当科においては、両方の治療に通じた術者がおり、利点を活かす形での治療を行っております。
 当科の基本的な治療方針として、御本人、御家族との話し合いを重視し十分な合意のもとに治療方法の選択を行い、最終的な生活の質(quality of life:QOL)の向上を目指しています。また、最終的に治癒が困難な病態の患者様には退院支援スタッフが対応し適切な院外施設の紹介をさせていただきます。また、院内・附属施設として緩和ケア病棟、老健施設、訪問看護ステーション、あんしんすこやかセンターなどを有しており、アフターケアが充実しています。


1.脳卒中に対する急性期治療

 脳血管の破綻によるクモ膜下出血・脳内出血や、血管が詰まって起こる脳梗塞は、治療開始に一刻を争う疾患です。当院では、神経内科スタッフとともに、24時間体制で「脳卒中オンコール」体制を敷いており、緊急で血栓溶解療法(t-PA静注療法)、脳血管造影(カテーテル検査)を含む種々の検査、開頭手術、カテーテル治療を実施することができます。とくに、2017年度に血管撮影装置が増設され、院内に2台となり、緊急カテーテル手術がスムーズに実施されるようになっております。

〇脳梗塞
    ①t-PA静注療法 脳梗塞発症後、超急性期(4.5時間以内に治療可能)で条件を満たせば、t-PAによる血栓溶解療法を行います。②カテーテルによる血栓除去術あるいはステント留置術 脳梗塞後に、t-PA治療の有無に関わらず、主幹動脈が閉塞あるいは高度狭窄が残った場合、条件を満たせば、カテーテルによる血栓除去術あるいはステント留置術を行っています。

脳神経外科
左:脳主幹動脈が閉塞している(矢印)、中:ステント型レトリーバーで除去された血栓、右:閉塞していた血管は再開通している(矢頭)

〇くも膜下出血
    CTあるいはMRI検査でくも膜下出血が認められれば、ただちに血管検査で出血源である動脈瘤を精査し、確認されれば、治療に移ります。再出血予防の治療手技としては、動脈瘤の部位、形状、サイズ、患者の状態を考慮して、コイル塞栓術クリッピング術かを選択します。その後は、くも膜下出血の続発症である脳血管攣縮、水頭症に対する治療を行います。

〇脳出血
    一定以上のサイズの脳出血で症状、発生部位を考慮して手術適応があれば、開頭あるいは穿頭による血腫除去術を行っています。その際、定位的あるいはナビゲーション技術などを用いて最小限の侵襲で正確に血腫に到達すべくアプローチします。


2.脳卒中の予防的治療

 脳卒中の発生を事前に予防する治療にも力を注いでいます。出血であっても梗塞であっても脳卒中はいったん発症してしまうと、後遺症を残してしまうことが多いからです。たとえば、数ミリ以上のサイズで形状の不整な脳動脈瘤、無症候性の70-80%以上の高度な頸動脈狭窄などが、外科的治療を検討すべき病態です。ただ、実際の手術法もふくめた適応判断には、各々の患者様の年齢、既往歴、関連する臓器疾患の治療歴などを考慮に入れて慎重に検討させていただいております。

〇脳動脈瘤
    脳動脈瘤の発生部位、形状、サイズ、患者様の状態を考慮して、コイル塞栓術(図参照)クリッピング術(図参照)かを選択します。最近では、比較的サイズの大きい広い頸部の動脈瘤に対してコイル塞栓術を行う場合には動脈瘤用の頭蓋内ステントを用いるケースが増えてきております。

脳神経外科
脳動脈瘤に対するコイル塞栓術.左:術前の動脈瘤(矢印)、右:コイル塞栓術後(矢頭)

脳神経外科
脳動脈瘤に対するクリッピング.左:術前の動脈瘤(矢印)、右:術後のクリップ(矢頭)

〇頸動脈狭窄
    無症候性の高度狭窄あるいは症候性の中等度狭窄以上では原則的に外科的治療を検討します。また、検査で狭窄の進行が認められる場合は、高度狭窄に至る前に治療をお勧めすることもあります。手術法としては局所麻酔で行う頸動脈ステント術(図参照)と全身麻酔で行う頸動脈内膜剥離術(図参照)があります。動脈硬化は全身性の疾患ですので、事前に十分に検査させていただき、全体的な手術リスクを考慮の上で、手術法を含めて検討いたします。

脳神経外科
頸動脈狭窄に対するステント留置術.左:術前狭窄(矢頭)、中:留置されたステント(矢印)、右:ステント術後(矢頭)

脳神経外科
頸動脈狭窄に対する内膜剥離術.左:術前狭窄(矢印)、中:手術で摘出された動脈硬化プラーク、右:術後の狭窄の消失(矢頭)

3.脳腫瘍の治療

 脳腫瘍についても、髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経鞘腫、神経膠腫などの治療を行っております。頭蓋内腫瘍に対しては、先進的医療機器であるニューロナビゲーション(図参照)を早くから取り入れており、先般、より広い状況で使用できる磁場式も備えた型にバージョンアップしました。また、神経膠腫の手術において、従来、残存腫瘍の同定が困難であったのが、最新鋭の顕微鏡(図参照)の導入によって蛍光顕微鏡―5ALA法により同定可能となり、実績を上げつつあります。また、2017年度よりオリンパス社製の支持装置エンドアームをふくめた脳内視鏡システム(図参照)を導入し、脳腫瘍のみならず脳血管病変に対しても、より低侵襲・安全な脳手術が可能となっております。

脳神経外科
左:ステルスナビゲーションシステムS7、中:ナビゲーションを用いた手術での計画例、右:最新鋭の手術顕微鏡(カールツァイスPENTERO900)
脳神経外科
左:脳内視鏡システム(オリンパス社製エンドアーム)、右:同システムの内視鏡プローブ

4.頭部外傷

 頭部外傷に伴う急性硬膜下出血、急性硬膜外出血、慢性硬膜下血腫など外傷性頭蓋内出血の治療を行っております。


5.機能的脳疾患とくに脳卒中後遺症による難治性疼痛と筋痙縮について

 当院では、脳卒中にかかられた患者様のなかで、以下のようなことで悩まれる方に対し、外来で対応させていただいております。「脳卒中後に手足のつっぱり(痙縮)や痛み(中枢性疼痛)などの後遺症で苦しんでいる」という悩みを持っておられる患者様あるいはご家族は脳神経外科外来にご相談下さい。これらの症状に対して、精密検査を行ったうえで、症状に対する緩和治療として薬剤治療、ボトックス治療脊髄硬膜外刺激療法を検討させていただきます。すでに、かかりつけの医師がいらっしゃれば、かかりつけ医からの紹介いただければ診療がスムーズにすすみます。

 とくに脊髄硬膜外刺激療法は、脳卒中以外の原因による難治性疼痛たとえば閉塞性動脈硬化症、脊柱管狭窄症、帯状疱疹後などによる疼痛で従来の薬物・手術的治療で効果が認められないものにも有効なことがあります。

 また、これらの専門的治療を行った場合、治療に並行してリハビリテーションが極めて重要です。当院では、認定理学療法士(脳卒中)が在籍しており、入院治療時において、より専門的なリハビリテーションが行える環境にあります。



6.診療実績(2016年度)

2016年度 入院患者総数 396名
2016年度 手術総数 164例
(内訳) ・開頭術、穿頭術 125例
・血管内手術 39例
症例 症例数
脳腫瘍摘出術 14
(内訳) ・開頭腫瘍摘出術 12
・経蝶形骨洞的下垂体手術 2
脳動脈瘤手術 27
(内訳) ・脳動脈瘤直達術 15
・脳動脈瘤コイル塞栓術 12
脳血管血行再建術 44
(内訳) ・頸動脈内膜剥離術 16
・頚動脈ステント留置術 14
・EC-ICバイパス術 4
・その他血行再建術 11
高血圧性脳内出血に対する血腫摘出術 4
水頭症手術 18
慢性硬膜下血腫に対する頭蓋穿頭洗浄術 36
難治性疼痛に対する脊髄刺激装置埋込術 1
その他手術 20

2016年度 脳卒中診療実績(脳外科、神経内科、内科系含む)

症例 症例数
急性期脳卒中患者 【 脳神経外科、神経内科、内科系での合計 】 288
脳梗塞 211
(内訳) ・t-PA実施症例 16
・カテーテルによる血栓回収 8
脳出血 59
くも膜下出血 18



7.常設の関連医療機器

X線CT 2台、1.5テスラMRI 2台、バイプレーン血管撮影装置 1台、脳血流SPECT 1台、放射線治療装置リニアック 1台、超音波メス(SONOPET) 1台、手術用ナビゲーションシステム 1台、手術用顕微鏡 2台、定位脳手術装置 1台、脳神経内視鏡システム(エンドアーム) など


8.認定施設

 日本脳神経外科学会専門医研修プログラム連携施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院、日本脳神経血管内治療学会研修施設


9.その他

 脳ドックは、本院健診センターの受診者に行っています

ページの先頭へ


担当医プロフィール

副院長

松本 圭吾(マツモト ケイゴ)
京都府立医科大学 昭和61年卒業
◎資格
医学博士
日本脳神経外科学会指導医・専門医
日本脳神経外科学会近畿地方会学術評議員
日本脳神経血管内治療学会指導医・専門医
日本脳卒中学会評議員・専門医
日本脳卒中の外科学会技術指導医
京都府立医科大学臨床教授
◎専門
脳神経外科、脳血管内治療、脳血管障害
脳卒中の外科治療(くも膜下出血、脳出血、脳虚血)、
脳血管内手術(カテーテルによる塞栓術、血管拡張術)

医長

古野 優一(フルノ ユウイチ)
京都府立医科大学 平成15年卒業
◎資格
日本脳神経外科学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医学博士

医員

李 喆(リ テツ)
中国医科大学 平成21年卒業
◎資格
日本脳神経外科学会専門医
◎専門
脳神経外科

永井 利樹(ナガイ トシキ)
京都府立医科大学 平成25年卒業
◎専門
脳神経外科


ページの先頭へ

外来担当医表

都合により担当医師が変更になる場合があります。
1診 松本
[完全予約制]
交代制
受付10時30分まで
松本 古野
2診   古野 永井 永井
3診       松本
[完全予約制]
 
できるだけ、紹介状をお持ち下さい。


前のページに戻る




セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部訪問看護ステーション
薬剤部健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop