病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
心臓血管治療センター
リソースナース
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

歯科口腔外科

概要 担当医プロフィール

概要

 当科では、地域歯科医院よりご紹介頂いた患者さんや、他科入院中の患者さんに対し、埋伏歯抜歯など口腔外科処置、外傷・骨折・口腔感染症などの救急疾患の治療、舌痛症・味覚障害などの口腔内科疾患の治療、他科における術前術後・リハビリ期の周術期口腔ケアを行っております。
院内では医科歯科連携を適宜行い、治療中の入院患者さんについても全身状態・投薬内容・状況を正しく把握し、適切な口腔内治療を行っております。
当科の医師はすべて大学病院医局に所属し、毎週木曜日には神戸大学口腔外科教授による外来診療時間も設けております。
歯科口腔外科

治療内容

◎口腔外科疾患治療
顎骨(硬組織)の治療:埋伏智歯、顎骨腫瘍・嚢胞、外傷、口腔感染症(薬剤関連顎骨壊死、歯性上顎洞炎、蜂窩織炎)
粘膜(軟組織)の治療:腫瘍、嚢胞、口内炎、外傷、血管奇形(血管腫)


1)顎骨内の治療

 当科での顎骨内治療の多くが智歯(親しらず)の抜歯であり、年間約500本の処置を行っております。
智歯抜歯は歯肉の切開と骨の削合を伴う外科処置で、骨の構造や歯の形態、また周囲の神経や血管の解剖を熟知していることが要求されます。
初診時にレントゲン撮影、必要に応じて追加でCT撮影を行い、画像情報をもとにご説明し、2回目の受診で抜歯を行います。難抜歯が予想される場合や、局所麻酔下での抜歯が怖いといった場合、また術後出血リスクがある場合などには、入院予約をとり全身麻酔下での抜歯をご提案させていただく場合がございます。

歯科口腔外科

2)粘膜の治療

 口の中の舌や歯肉、頬など柔らかいところは表面が粘膜で覆われており、その内側には血管や神経、筋肉、脂肪、唾液腺、骨などがあります。この粘膜の表面や内部には、傷や口内炎、腫瘍、嚢胞など多彩な疾患ができ、稀ではありますが口腔癌の場合もあります。当科では院内で病理診断も可能で、また病状・処置内容によっては迅速に神戸大学病院(三次医療機関)への紹介を行える体制をとっています。


◎口腔内科疾患治療
舌痛症、顎関節症、三叉神経痛、味覚障害、口腔乾燥症、その他医科との連携が必要な口腔疾患全般
 口腔内科学とは、全身的背景を考慮した口腔疾患の診断と治療を目的とし、外科的な治療を主体とせずに口腔の医療にあたるものです。当科では、従来の口腔内科的治療以外にも、全身的疾患や薬剤関連疾患につながる口腔内の症状があれば、できるだけ迅速に医師の診察治療が行われる体制をとっています。

*2017年9月~2018年8月の当科を受診し、口腔内の症状より全身疾患の診断に至った全身疾患:特発性血小板減少性紫斑病、鉄欠乏性貧血(プランマービンソン症候群)、運動ニューロン病、メトトレキサート関連リンパ増殖疾患

歯科口腔外科
(全身疾患や全身状態によって口腔内には様々な症状がでます。)


◎周術期口腔管理・ケア
術前術後、緩和治療期(周術期)における口腔管理・口腔ケア
 周術期は体の抵抗力低下などにより、誤嚥性肺炎など口の中の細菌が体に影響する合併症のリスクが高まる為、通常時よりも特別な口腔管理・口腔ケアが推奨されており、当科にて他科入院中の患者さんへの口腔機能管理の計画と実施を行っております。
尚、退院後も病状にあわせて必要な口腔管理が途切れないよう、また、自宅、転院先などへの訪問診療などのご要望にも応えられるように、病状やご家庭の事情に合わせて地域歯科医院への紹介を積極的に提案させていただいております。


◎有病者・障害者歯科治療
投薬治療中、麻痺など身体障害のある患者さんに対する歯科治療全般
 投薬内容や症状を考慮した歯科治療内容と計画を提案させていただきます。


◎禁煙外来との連携による歯面清掃と歯肉沈着除去
禁煙治療中患者さんに対する審美面での口腔管理
 喫煙による歯面のヤニや歯肉のメラニン沈着は、歯科での専門的処置で軽減や消失が早期に期待でき、また禁煙モチベーションの維持にも影響する場合もあります。保険診療範囲内で可能な処置もありますので、禁煙外来に合わせ、お気軽に当科までご相談ください。


◎その他歯科治療
 顎義歯作成、睡眠時無呼吸症候群用マウスピース作成、インプラント治療


◎救急疾患対応
 地域歯科医院を通じて、急な口腔内の腫れ・感染症、抜歯後出血、口腔内外外傷などについての、救急対応を受付いたします。

設備について

◎歯科用CT画像による正確な診断
 当科ではコーンビームCTを設置し、単純レントゲン写真だけでの診断が難しい場合は、CT画像を撮影し3次元的な画像情報にて、より正確な診断と治療を行っています。なお、当科内にあるため待ち時間も少なく、また医科用CTと比べて放射線被ばく量も少ないため手間や不安は少なく、迅速な撮影が可能です。
歯科口腔外科
◎炭酸ガスレーザーによる保険適応治療
 レーザーは再発性口内炎、歯肉、舌、頬粘膜の腫瘍など多岐に使用でき、術中出血や合併症・副作用の低下、治癒促進などに優れ治療の質向上に役立つデバイスであり、2018年4月より口腔外科領域で保険適応となるレーザー治療が増えました。
当科にはレーザー歯科専門医が在籍し、症状に応じて炭酸ガスレーザーによる治療を行っております。
歯科口腔外科
◎徹底した院内感染予防
 口腔内で用いる機器は、常時滅菌処理したものやディスポーザブルのものを使用しております。
また診療チェアーに付随した吸引器の持ち手などは患者さん毎にビニールで被覆し、椅子の表面などはその都度消毒薬での清拭を徹底し、当然行われるべき感染予防のもと診察や治療を行っております。

歯科口腔外科

2017年度 概算

症例 症例数
埋伏歯抜歯手術(全身麻酔)100件
埋伏歯抜歯手術(局所麻酔)300件
顎骨腫瘍(嚢胞)摘出10件
軟組織腫瘍摘出術(粘液嚢胞含む)20件
外傷(顔面骨折、軟組織損傷、外傷歯)20件
有病者抜歯(入院)130件

歯科口腔外科 歯科口腔外科スタッフ


ページの先頭へ


担当医プロフィール

医長

松本 耕祐(マツモト コウスケ)
徳島大学歯学部 平成17年卒業
◎資格
医学博士
日本口腔外科学会専門医
日本レーザー歯学会専門医
日本外傷歯学会認定医
日本口腔科学会認定医
厚生労働省臨床研修歯科指導医
神戸大学医学研究員

医員

棚倉 万紀子(タナクラ マキコ)
◎資格
日本口腔外科学会認定医

専攻医

中西 洋介(ナカニシ ヨウスケ)
昭和大学 平成27年卒業

専門医

古森 孝英(コモリ タカヒデ)
東京医科歯科大学歯学部 昭和54年卒業
神戸大学歯科口腔外科教授
◎資格
日本口腔外科学会指導医
日本レーザー歯学会指導医
日本外傷歯学会指導医
日本口腔科学会指導医

ページの先頭へ


外来担当医表

都合により担当医師が変更になる場合があります。
初診 中西 棚倉 松本 中西 週ごとに変動
再診(午前) 棚倉/松本 中西/松本 中西/棚倉 棚倉/松本 なし
再診(午後) 中西/棚倉/
松本
中西/棚倉/
松本
中西/棚倉/
松本
中西/棚倉/
松本/古森
週ごとに変動

外来スタッフ

歯科衛生士
松田洋美(マツダヒロミ) 担当 院内感染予防
栄枝芙美(サカエダフミ) 担当 医療安全
勝岡舞(カツオカマイ)  担当 院内NST

歯科助手
高田裕美子(タカダユミコ)担当 歯科地域連携

歯科受付
足立純子(アダチジュンコ)

便利な初診予約システム

 当院は地域医療連携室でのFAX(078-595-2727)による予約システムを設置しております。本システムは、患者さんのご都合に合わせて、予め来院して戴く曜日や時間を決めたうえで各一次医療機関(かかりつけ歯科医院)からFAXによる紹介を戴くものです。
お仕事をお持ちの患者さんで、どうしても午前中に初診受付ができない方は午後の初診受付が可能になります。
また、埋伏智歯(親知らず)の抜歯などの外来小手術も初診当日に行うことができます。
かかりつけの歯科医院など一次医療機関でご相談のうえ、是非ご利用下さい。
当科での治療が終了しましたら一次医療機関にFAX等でご連絡申し上げますので、後処置などは一次医療機関でお願い致します。

前のページに戻る




セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部訪問看護ステーション
薬剤部健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop