病院長挨拶
病院紹介
専門医制度プログラム
専門医制度プログラム
専攻医教育連携病院
心臓血管治療センター
リソースナース
外来のご案内
診療科のご案内 外来診療担当医
入院のご案内
ご面会の方へ
健康診断をご希望の方へ
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
JCHO神戸
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
認定施設

整形外科

概要 担当医プロフィール 外来担当医表

概要

 整形外科は主に運動器官を構成する骨、軟骨、筋、靭帯、神経等の疾病・外傷の治療を行う診療科です。診療対象としては、脊椎・脊髄、骨盤、上肢、下肢など広範囲に及び、新生児、小児、学童から成人、高齢者まで、すべての年齢層が対象となります。
整形外科
 当院では、整形外科専門医が治療に当たっており、中でも特に関節外科に力を注いでおります。
 人工関節手術は患者さんの高齢化に伴って増加傾向にあります。
 人工股関節置換術は、前外側侵入によるMIS-THA(筋肉をできるだけ温存する術式)を主軸に、症例に応じて術式を選択して行っています。
 人工膝関節手術は全置換術(TKA)を中心に、症例に応じて低侵襲な単顆置換術(UKA)を選択する場合もあります。
いずれも患者さんにとっては一生大事に使用していただく必要があるので、まずは合併症を生じないよう、また長期間安全に使用していただけるよう心がけています。

 当院では術後のリハビリテーションにも十分対応しています。満足する関節機能を獲得できるよう、必要があれば入院期間を長めに設定し、専属理学療法士と主治医がリハビリテーションを担当します。
整形外科 整形外科
人工股関節置換術 人工膝関節置換術
 地域の病院・診療所とも連携し、骨折などの急性疾患をはじめ、腰痛や変形性関節症などの慢性疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ等の精査・加療を行っています。症状が安定した患者さんは、かかりつけの診療所へ逆紹介することもあります。
 成長期のお子さんに多く見られるスポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)や、スポーツを続けることで起きる身体の障害(スポーツ障害)にも幅広く対応しておりますので、是非、ご相談下さい。
整形外科
関節鏡視下円盤状半月板形成術

主要医療機器

手術機器、診断用機器など、日常診療を行うに支障なく完備しています。
整形外科

主な対象疾患

  1. 四肢の運動器外傷(骨折 捻挫 脱臼 腱損傷等)
  2. 変形性股関節症、変形性膝関節症(人工関節 等)
  3. スポーツ外傷(靭帯損傷、半月板損傷 疲労骨折等)
  4. 骨粗鬆症、関節リウマチ(精査、治療)
  5. 腰部脊柱管狭窄症、弾発指(バネ指)、手根管症候群など
  6. 腫瘍、小児、脊椎疾患等において、より専門性の高い検査や治療が望ましいと判断した場合には、しかるべき医療機関をご紹介させていただきます。

2017年度の手術実績

症例症例数
総手術件数257例
大腿骨近位部骨折 66例(内 人工骨頭35例)
骨折 111例(上肢73例 下肢38例)
人工関節 25例(股関節15例、膝関節10例)
スポーツ 15件
小児 9例(15歳以下)
手・手指 29例
腫瘍 1例
その他 25例
ページの先頭へ

担当医プロフィール

部長代理

久保田 迅是(クボタ トシユキ)
京都府立医科大学 平成15年卒業
◎資格
日本整形外科学会専門医
日本整形外科認定スポーツ医

医長

大東 昌史(ダイトウ マサフミ)
名古屋市立大学 平成16年卒業
◎資格
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
◎得意分野
股関節・外傷

齋木 大器(サイキ ヒロキ)
昭和大学 平成18年卒業
◎得意分野
整形外科一般
ページの先頭へ

外来担当医表

都合により担当医師が変更になる場合があります。
1診 (予約制) 齋木
(完全予約制)
久保田
(完全予約制)
休診   大東
(完全予約制)
2診 久保田 大東 休診 交代制 齋木

特別な分野の疾患で受診される方は、それぞれの専門分野を担当する医師が外来担当している曜日におこし下さい。また窓口でその旨をお話下さい。

前のページに戻る




セカンドオピニオン予防接種外来専門外来各部門・関連施設看護部訪問看護ステーション
薬剤部健康管理センター健康管理センター(ハーバーランド)看護学校介護老人保健施設

PageTop